宝石の高価買取が出来る商品一覧(ダイヤモンド・宝石)

アレキサンドライト

アレキサンドライト

アレキサンドライトの高価買取

おたからやでは、アレキサンドライトを高価買取しております。

アレキサンドライトリング、アレキサンドライトネックレス、アレキサンドライトルース、アレキサンドライトペンダントヘッド、アレキサンドライトブレスレットのほか、次のようなアレキサンドライトであってもお問合せください。

□ 鑑別書のないアレキサンドライトジュエリー
□ 昔のデザインのアレキサンドライトジュエリー
□ 片方だけのアレキサンドライトピアス

他社で断られてしまったアレキサンドライトでも、おたからやであれば大丈夫!
宝石専門査定員が、アレキサンドライトに眠る価値を見出します。

まずはお気軽にお問合せください。

アレキサンドライトとは

アレキサンドライトは、クリソベリルという鉱物の一つで、金緑石の変種です。
発見当初はエメラルドと思われていたのですが、昼の太陽光下では青緑、夜の人工照明下では赤へと色変化をおこす他の宝石には見られない性質が発見されました。

産出量がとても少なく非常に高価なため、発見されてからまだ日が浅いにもかかわらず、はるか古代から貴石として扱われてきた四大宝石(ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルド)にこの石を加え、五大宝石として扱われたり、「宝石の王様」と呼ばれることもあります。

アレキサンドライトの歴史

アレキサンドライトとは、アレクサンドライトとも呼ばれ、1830年、ロシア帝国ウラル山脈東側のトコワヤのエメラルド鉱山で発見されました。

アレキサンドライトは、その希少性から、当時のロシア皇帝ニコライ1世に献上されました。
巷説では、このロシア帝国皇帝に献上された日である4月29日が皇太子アレクサンドル2世の12歳の誕生日だったために、その名にちなんでアレキサンドライトと名付けられたとされています。

また、当時のロシアの軍服の色が赤と緑でカラーリングされていたため、ロシア国内で大変もてはやされました。

現在では6月の誕生石のひとつとされていて、石言葉は「秘めた思い」です。